しばたありぼぼMV初監督作品が爆笑!オチがやばいと話題!

Sponsored Links

 

人気急上昇中の大阪発バンド、ヤバイTシャツ屋さんのベース&ボーカルをつとめるのがしばたありぼぼさんです。

ベースの演奏はもちろん、高くてかわいい声のボーカルは一度聞くとやみつきになります。

ライブのMCでも面白いところと、かわいいところを見せてくれるので、ファンがどんどん増えていっているようです。

 

そんなしばたありぼぼさんが、MV(ミュージックビデオ)で初めて監督を務めたというのをご存知でしょうか。

いったいどんな曲なのか、また演出はどのようなMVとなっているのか非常に気になりますよね。

 

そこで今回はしばたありぼぼのMV初監督作品についての情報をまとめていきます。

Sponsored Links

しばたありぼぼMV初監督作品が爆笑

それではさっそくしばたありぼぼの初監督作品を紹介していきます。

楽曲のMVはこちらです。

肩 have a good day

※youtubeの動画はなくなってしまったようです。

 

安定のヤバイTシャツ屋さんっていう感じですよね。

楽曲のタイトルがまさに!という感じです。

今までもなんだこの曲のタイトル!?という曲がいくつかありましたが、今回も負けず劣らずという感じです。

 

ちなみに過去の作品でタイトルがやばかったのは

ウェイウェイ大学生
無線LANばり便利
DQNの車のミラーのところによくぶら下がってる大麻の形したやつ
週10ですき家
流行りのバンドのボーカルの男みんな声高い

などがあげられます。

 

こういうふざけたタイトルの曲がたまに1曲くらいアルバムに収録しているというのなら理解はできますが、上記の楽曲がすべて1つのアルバムに収録されているという斬新さはすごいですよね。

 

MVのオチがやばいと話題!

MVのオチがやばいと話題ですが、どういうことなのでしょうか。

MVの冒頭はギターボーカルのこやまたくやさんのキレイな海辺をバックにした弾き語りからスタートします。

 

肩幅が広い人のほうが肩幅が狭い人よりも発言に説得力が増す

肩幅が広い人のほうが肩幅が狭い人よりもみんなから支持される

 

さっそく歌詞が笑えますよね!

肩幅が広い人のほうが説得力増すかな?と一瞬疑問のも思いましたが、たしかに、肩幅が狭くて縮こまっているのにくらべると、頼りがいがあって説得力が増しそうですよね。

真剣に本気のラブソングのようにふざけたことを歌うのが、ヤバイTシャツ屋さんらしさといえるのではないでしょうか。

 

それから、しばたありぼぼさんが、途中からフレームインして、コーラスとして参加、さらにドラムのもりもりもとさんも間奏でまさかの口笛で参加もしていきます。

この時点でもすでにMVとしてとても笑えて面白いですが、ヤバTのMVといえば、必ず何かしらのオチがありますよね。

 

今回はいったいどんなオチがあるのか、MVを見ながら期待していた人も多いのではないでしょうか。

そして曲が流れ切った瞬間に、すべてが明かされます。

 

定点で撮影していたカメラがまさかのドローン!

 

こんなに斬新なドローンの使い方を思いつくのはさすがです。

 

まとめ

今回はヤバイTシャツ屋さんのMVでしばたありぼぼさんが初監督をつとめたMV「肩 have a good day」についての情報をまとめていきました。

まさかのドローンの使い方のオチは爆笑でした。

 

演奏力や、ライブだけでなく、ミュージックビデオでも楽しませてくれるヤバイTシャツ屋さん。

これからもどんな風にファンを楽しませてくれるのか楽しみです。

 

↓↓ ヤバイTシャツ屋さんについてもっと知りたい方はこちら ↓↓

ヤバイTシャツ屋さんライブラリー

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。