米津玄師さんののメジャー2枚目のシングルといえば、『MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー』です。

2013年10月23日にユニバーサルシグマからリリースしました。

 

制作当初からトラック1の「MAD HEAD LOVE」とトラック2の「ポッピンアパシー」が表裏一体になるように制作が行われたというこの2曲は、「MAD HEAD LOVE」がポジティブ(ハイテンション)な曲で、「ポッピンアパシー」が鬱屈としたネガティブという作りになっています。

 

今回はそんな2曲のうちの「ポッピンアパシー」について歌詞の解釈や意味について調べてみました。

Sponsored Links

ポッピンアパシーの歌詞の意味や解釈は

ポッピンアパシーは独特なタッチの曲調に米津玄師らしい音楽性が現れている一曲です。

アパシーというのは無感動とか無気力とかいう意味があります。

そしてポッピンはもしかしたらポップから来ているのかもしれません。

ポップとは、大衆的な、という意味ですね。

なのでこの曲は大衆的な無気力や無感動。誰でも一度は体験したことあるでしょうこの無気力、みたいな曲なのかな、と思います。

そういう方向性で今回は考えていきたいと思います。

 

「簡単なことすらもう覚えてない
今どうしようもないほど間違いでいっぱい
頭の中ペンキ溢してしまったのさ
明確な意志もなかったなら
今感情もなにもが信用にならん
ここがどこかさえわからないままでいる」

 

初っ端から難しいのですが言いたい事は恐らく、主人公の中には明確な意思、気持ちがあったのですがペンキを零して塗りつぶされてしまい、どんな気持ちを持っていたのかもう分からない、というニュアンスがあるように思いました。

自分が何をしたいのか分からず、間違いばかりを侵している状態。

 

「教えてよねえ 言えないまま 飲み込んだ言葉の行方をさあ
それはいつか血に流れては 体に溶け込むのだろうか」

 

そして主人公は自分の飲み込んで言えないままだった気持ちを何か、知りたいと思っています。

でもそれは飲み込んでしまったらもう吐き出せないと考えており、体に溶け込むと表現しているのかと。

 

「ずっと目を塞いでいた
ずっと馬鹿馬鹿しいことばっかりやっきになって今
やっと気がついたんだ
やっぱ何処にもこうにも正解なんていないようだ」

 

主人公は目を塞いだのは、馬鹿馬鹿しいことを真面目にやることない、というやる気のなさが表れているのか。

でも、やっきになるまでやっているのは誰かに強制されたから、なのかもしれません。

そしてやらされて気づいたのが正解なんてないということ。

自分の意思ではなく、他人の意思で動いてるようじゃどこにも自分を納得させるだけの解はないと言ってるのかな、と私は解釈します。

 

「単純なことすらもうわからない
今ぼんやり燻る澱の中で
頭が痛い鮮やかな色に塗れて
どうだっていいのさそんなこと
今望んでいたものが何かも知らずに
ただただペンキ零していくだけだ」

 

この鮮やかな色にまみれる、というのがよく分からないんですよね。

燻る澱の中、という表現ですが、燻る、とはうっすらと煙が上がることです。

澱は、液体の底に沈殿したかすのことですね。

沈殿したかすが燻っている。沈殿しているのは、主人公が飲み込んだ言葉なのでしょうか。

その言葉が煙を上げて浮上しようとしたところを主人公はあろうことかペンキを零してしまいます。

すると煙は降っていって言葉の意味を知る機会を失います。

 

「教えてよねえ 選ばぬまま 過ぎ去った道のその行く末を
そこでいつか出会えた筈の 誰かの生きていた証を」

 

ここは主人公が、自分がもし仮に別の選択肢を取っていたら自分らしくあれた未来があったのかな、と今の現状を不満に思い、現実逃避しているような印象を受けました。

 

「そんな目を塞いでいて
どうもフラフラピンボケボンクラやっては大迷惑
こんな悲しいの中で
勝手やっても泣いても全然だ もうどうしようか」

 

目を塞いでては何も上手くいかん、大迷惑してますよ、と言っている。そして主人公はそれを自覚しているのが勝手やってるという一文で感じ取れます。

何か構ってほしいんですかね。

 

「目を開け そうだ少なくとも
自分の塗った色くらいはわかるだろうが」

 

今まで目を塞いでいましたがここで目の前の現実と向き合うために目を開きます。
自分の塗った色、というところ、逆説的に他人が塗った色もあるということでしょうか。

 

「ずっと目を塞いでいた
ずっと馬鹿馬鹿しいことばっかりやっきになって今
やっと気がついたんだ
やっぱ何処にもこうにも正解なんていないようだそれがただ一つの正解だ」

 

ここで最後に、馬鹿馬鹿しいことをやっきになって正解なんていない、それがたった一つの正解と述べています。

 

ここで改めて正解なんてない、ということを示しています。

主人公は恐らく自分は何かしたい事があったのかもしれません。

ですがそれを言えず飲み込むしかなかった。

 

そして誰かの指示に従い他人の意志に迎合し、嫌々やりつつもやっぱり自分がもし自分のしたい事をしていたら、ともう一つの未来について考え出します。

自分は本当はこんな事したくない、と我儘みたいに今やるべき事をなおざりにして、他人に迷惑をかけてしまう。

 

終盤に出て来た歌詞の「自分の塗った色くらいはわかるだろが」という部分ですが仮に主人公が嫌々仕事をしていたのだと仮定しましょう。

目を塞いだまま他人に言われるまま仕事に取り組んだものの、一応、自分の意志で仕事を取り組んだ部分はあった、それが自分の塗った色の部分ではないでしょうか。

 

だから、人生、自分のやりたい事だけできるわけではなくて、他人にやれと言われたらやる。その中で自分の色を出していかなくちゃならない、と言ってるのかなと私は解釈しました。

そしてそれがたった一つの正解と付け加えているのかな、と思います。

 

↓↓ 米津玄師さんについてもっと知りたい方はこちら ↓↓

米津玄師ライブラリー