以前、米津玄師の曲の歌い方のコツに関する記事をこのブログでも書きました。

独特な唱法とメロディ展開で、歌いこなすのはかなり難しい米津玄師の曲ですが、何度も何度も練習を重ねてマスターしたいものですよね。

 

どの曲から練習するかも、カラオケに挑戦するモチベーションにかかわってきます。今回は密度の濃い米津玄師の曲の中から、比較的歌いやすいものをランキング形式で5曲ピックアップしてみました。

Sponsored Links

米津玄師のカラオケおすすめランキング!

それではさっそく米津玄師のカラオケで歌いやすい曲をランキング形式で発表していきたいと思います。

こちらはあくまで管理者の独断によるおすすめであることあらかじめご了承ください。

 

これらを練習して、いざカラオケへ!

 

第5位 MAD HEAD LOVE

まずコミカルな曲調で場が盛り上がるのではないでしょうか。

歌詞も早口言葉みたいなところもありますが、ぶつぶつ言うところから始めてみると意外とメロディにマッチしてきます。

 

音程も高すぎず低すぎずちょうどいい音域なので歌いやすい曲だと思います。

一発で歌詞をスラスラ言えませんが、繰り返していくとだんだん気持ちよくなってきます (笑)。

 

第4位 ピースサイン

歌い出しの「オーオー」とメロディをなぞるオープニング。ここが非常にポイントかもしれませんね。

カラオケは歌い出しが大事なので、しかも、具体的な歌詞ではなく、かけ声によるメロディ展開なのでこれで流れに乗れるかもしれません。

 

本編はやや難しいかもしれませんが、歌い出しで勢いに乗っちゃえば、そのまま最後まで歌い切っちゃえるかもしれません。

全編通してメロディ展開が素晴らしい曲なので、やはりおすすめです。

 

第3位 リビングデッド・ユース

軽快でノリの良い曲調がカラオケ向き。盛り上がりたいときは、特におすすめです。

この曲は歌詞がハッキリと歌われているので、口を大きく開けて歌うと良いかもしれません。

 

少し声が裏返りそうな部分とかもあり、歌唱にアクセントをつけるのは難しいかもしれませんが、挑戦してみる価値はあると思います。

「ピースサイン」と同様、かけ声で始まるので、最初の出だしも大事ですね。

 

第2位 サンタマリア

悲しげなメロディが心にしみるドラマティックなバラード。

楽曲をドラマティックに装飾するストリングスがまた哀愁を誘います。ゆっくりとした曲調なので、歌詞もゆっくりと歌い上げられています。

 

サビの部分で音程が変わるところは難しいかもしれませんが、ここは練習あるのみですね。

この感動的なメロディはできるだけ多くの人と共有したいですね。

 

第1位 恋と病熱

若干スローなメロディアス・ナンバー。手拍子でみんなが参加できる親しみやすい曲調。

一語一語はっきりと歌いあげられており、しかも曲調もゆっくりなので、歌いやすい部類に入ると思います。

キーも程よい音域で、親しみやすいメロディ。その場にいるみんながこの曲を聴いて穏やかな気分になるのではないでしょうか。

 

まとめ

ということで、今回は米津玄師のカラオケおすすめランキングをご紹介しました。

カラオケに行く目的も人それぞれです。友達同士でパーッと盛り上がりたいときもあれば、恋人同士で2人きりで楽しみたいときもあります。

 

米津玄師には様々なタイプの楽曲があります。それぞれの用途に合わせて選曲し、色々歌いこなせるように歌いやすい曲から1曲1曲練習していきたいですね。

そうすれば、練習自体が楽しくなりますし、自然とレパートリーが増えていくかもしれません。

 

↓↓ 米津玄師さんについてもっと知りたい方はこちら ↓↓

米津玄師ライブラリー