ロッキン2017ことROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017の開催が近づいてきました。

今年はいったいどんなアーティストやバンドが会場を盛り上げてくれるのか非常に楽しみですね。

ただ中にはロッキンに参戦したいけど、一緒に行ってくれる友達がいないという一人ぼっちになってしまう人もいます。ただそれであきらめずに一人ぼっちでも参戦する人もたくさんいると思います。

そこで今回はロッキン2017を一人ぼっち参戦や初心者でも楽しむ方法についての情報をまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

ロッキン2017一人ぼっち参戦でも楽しむおすすめの方法

それではさっそくロッキン2017に一人ぼっちで参戦する人に向けたおすすめの過ごし方についての情報をまとめていきます。

まず言いたいのは一人で参戦する人は思ったよりもたくさんいるということです。

ロックファン、音楽ファンに関してはむしろ友達や恋人と一緒に行くと動きが制限されて、気をつかうこともあり逆に大変になります。

そのため昔は友達と一緒に行っていたけど、今は一人ぼっちで乗り込んでいるという人もたくさんいるので、一人参戦って大丈夫なの?というところで戸惑っている初心者はぜひ気にせず参戦してみてください!

 

ステージを縦横無尽に駆け回る

一人ぼっち参戦の何よりのメリットは一人なので何も気を遣うことなく自由に動き回れるということです。

フェスに慣れていない友達や恋人だと、自分の好みに突き合わせてあまり会場間を動けなかったり、ライブ演奏中もアーティストの近くまで行ってみることができないなどのデメリットがたくさんあります。

夏フェス会場では普段の自分を捨てて、思いっきり会場の最前線で楽しんで、ステージも好きなところを自由に駆け巡ってください。

 

フェス飯を堪能する

ロッキン2017などのフェスでは、ステージに行って音楽を楽しむというのももちろん大事ですが、それだけにとらわれる必要はないです。

フェスという空気を楽しむことが重要なので、好きなアーティストやバンドが出演していない時間帯でも、せっかくだから他の知らないバンドの音楽を聞きにいこうということはしなくても大丈夫です。

音楽を聞いていない人でも楽しめるブースや、ご飯の出店がたくさん出ているので、遠くから聞こえる演奏をBGMにのんびりとごはんを食べることもおすすめです!

自分の好きな時間に行けるので、昼時を避けられるのもメリットでしょう。

 

ほかに一人でフェスに来ている人と仲良くなる

これは少し上級者向きですが、やはり同じく一人ぼっちで参戦している人もたくさんいるので、そんな人と一緒に盛り上がりながら、なんなら仲良くなっちゃうというのも一つの手です。

事前にツイッターやFacebookで一人参戦同士で声をかけあっておくというのもアリです。

こういう仲間を見つけることのいいことは、好きなアーティストやバンドが共通で仲良くなりやすいし、一緒に回りやすい。

がっつりとした友情でもないので、途中解散や、別行動もしやすいなど、自分の自由な行動を守りつつフェスを仲間と楽しむことができます。

 

こちらもおすすめ

ロッキン2017タイムテーブル発表時期はいつ?出演アーティストも

ロッキン2017シャトルバス行き帰り混雑は何時?勝田水戸の時刻表も

ロッキン2017終電に間に合う方法!シャトルバスやタクシーは

ロッキン2017グッズ物販の売り切れ時間は?確実に買う方法紹介!

 

まとめ

今回はロッキン2017を一人ぼっちで参戦する初心者に向けて一人ぼっちでいるメリットや過ごし方のおすすめについての情報をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

一人だからといって変に抵抗することなく、フェスの空気を存分に楽しめるようになってください。フェスは自由なので、音楽玄人じゃないといけないとかそういう縛りはまったくありません。

ぜひ自分のスタイルでロッキン2017を楽しんでみてください。